まずはお気軽お電話ください。

0748-36-2817

平日9:00~18:00 JR近江八幡駅から徒歩10分

相談料0

無料相談会実施中 ! [予約制]

無料面談・相談

お役立ちブログ

相続税申告の一覧

2021年08月02日 相続税申告
生前贈与による相続税対策①
相続税対策を考える上で、贈与税の知識 は不可欠です。 贈与税の課税方法 贈与税は、個人から財産を無償で取得したときに課される税金です。贈与税の課税方法には暦年課税と相続時精算課税の2つがあり、受贈者は贈与者ごとにそれぞれの課税方法を選択することができます。(表参照。) 暦年課税 1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額から基礎控除を差し引いた残額について10%から55%...
2021年07月27日 相続税申告
遺言書の基本(2)
遺留分に注意を 全財産を特定の相続人に相続させるとか、相続人以外の人に譲るといぅ内容の遺言も可能ですが、被相続人の意思によっても奪えない相続分である「遺留分」に注意が必要です。 遺留分の割合は、相続財産の2分1(父母など直系尊属のみが相続人の場合は3分1)ですが、兄弟姉妹(とその子)には遺留分はありません。 遺留分を侵害された相続人は、それを知った時から1年間(又は相続開始から10年間)、遺留分侵...
2021年07月26日 相続税申告
遺言書の基本(1)
遺言とは? 遺言は、自分が死亡したときの財産の分配方法などに関して、自己の最後の意思を明らかにするもので、遺言がある場合は、原則として、これに従って遺産を分配することになります。 逆に、遺言がない場合は、民法の定める相続人(法定相続人)が、民法の定める割合(法定相続人)が、民法の定める割合(法定相続分)で財産を受け継ぐことになります。例えば、 「世話になった親族に他の相続人よりも多く譲りたい」、「...
2021年07月22日 相続税申告
相続税が非課税とされる財産
相続又は遺贈により取得した財産及び相続又は遺贈により取得したとみなされる財産で相続税の課税対象となるものは、金銭に見積ることのできる経済的価値のある一切の財産をいいます。 しかし、相続又は遺贈により取得した財産であっても、その財産の性質上又は社会政策的な見地等から相続税の課税対象とすることが適当でないとされる財産があります。 そこで、相続税法上は、このような財産を相続税の課税対象から除外しており、...
2021年07月20日 相続税申告
相続税の課税対象とされる財産
相続税の課税対象となる財産は、原則として、相続又は遺贈(死因贈与を含みます。以下同じ。)によって取得した財産(本来の相続財産)です。また、これ以外に相続又は遺贈という形で取得したものではなくても、実質的に相続又は遺贈によって取得した場合と同様の経済的効果 があるものは、相続又は遺贈によって取得したものとみなされ(一般に「みなし相続財産」といいます。)、相続税の課税対象となる財産に含まれることとされ...
2021年05月28日 相続税申告
親子でのお金の貸し借りは贈与になるのか?
親と子、祖父母と孫など特殊の関係がある人相互間における金銭の貸借は、その貸借が、借入金の返済能力や返済状況などからみて真に金銭の貸借であると認められる場合には、借入金そのものは贈与にはなりません。 しかし、その借入金が無利子などの場合には利子に相当する金額の利益を受けたものとして、その利益相当額は、贈与として取り扱われる場合があります。 なお、実質的に贈与であるにもかかわらず形式上貸借としている場...
2020年12月30日 相続税申告
税制上の特例適用のためには遺言書が重要③
農地等についての相続税の納税猶予等の適用を受ける場合 農業を営んでいた被相続人または特定貸付け等を行っていた被相続人から相続人が一定の農地等を相続等で取得し農業を営む場合または特定貸付け等を行う場合には、農地等の価額のうち農業投資価格による価額を超える部分に対応する相続税額については、その取得した農地等について相続人が農業を営んでいるまたは特定貸付け等を行っている限り、その納税が猶予されます。 こ...
2020年12月29日 相続税申告
税制上の特例適用のためには遺言書が重要②
小規模宅地等の特例の適用を受ける場合 遺産の中に居住用や事業用に使われていた宅地等で一定の建物または建築物の敷地の用に供されているものがある場合には、その宅地等の課税価格に参入すべき価額の一定割合を減額する特例があります。この特例が受けられる人は、相続や遺贈によって宅地等を取得した個人です。 この特例は、原則として適用を受けようとする宅地等が相続税の申告期限までに分割されていることが要件とされてい...
2020年12月28日 相続税申告
税制上の特例適用のためには遺言書が重要①
近年、相続税の課税対象者の割合は増加傾向にあり、遺産争いを防止する効果を持つ遺言書の必要性がますます高まっています。しかし、その作成割合は公正証書遺言が8.1%(平成30年の年間死亡者数をもとに算出)、自筆遺言書は検認件数から推定するとわずか1.3%に過ぎません。税制上の特例等の適用を受けるためにも、遺言書が特に重要となる場合を確認しておきましょう。 非上場株式等の相続税の納税猶予等の適用を受ける...
2020年12月25日 相続税申告
財産を子や孫に贈与するときの注意点⑤
贈与税の申告で贈与を立証できる 暦年課税を選択している場合で受贈金額が110万円を超えるときは、必ず贈与税の申告をして贈与税を納付してください。申告をしておかないと贈与を否認されることがあります。申告すれば税務署に贈与の証拠が残ることにもなります。 贈与を受けた人が「相続時精算課税制度」を選択し適用を受けるには、この制度を選択する旨の届け出を贈与税の申告期限までに所轄税務署に提出しなければなりませ...
2020年12月24日 相続税申告
財産を子や孫に贈与するときの注意点④
現預金の贈与は確実に証拠を残す 暦年課税を選択している場合の贈与の成功のポイントは、長期に、かつ、計画的に行うことです。しかし、そこで問題になるのは、本当に贈与があったと第三者(他の親族や課税当局)が認めるかどうかです。 例えば、現金を贈与した場合、贈与したとされる現金を受け入れた預貯金通帳や講座を贈与した人が管理していて、届出印を持っているとなれば、贈与があったということになりません。そこで贈与...
2020年12月23日 相続税申告
財産を子や孫に贈与するときの注意点③
贈与後の収入は受贈者のもの 株式の贈与を受ければ、その後に受ける株式の配当収入は当然に贈与を受けた人のものになります。その所得金額について申告が必要な場合には、贈与を受けた人が申告しなければなりません。また、賃貸収入のある建物の贈与を受ければ、その後の賃貸収入は建物を贈与された人のものになります。 さすがに賃貸収入の申告を忘れたり、贈与した人の所得として申告したりする人は少ないようですが、贈与した...
2020年12月22日 相続税申告
財産を子や孫に贈与するときの注意点②
不動産や株式の贈与日は登記日や登録日 贈与契約は口頭でも書面でもできますが、口頭の場合、ものの引渡しがないといつでも解除することができます。所有権の移転登記の目的となる不動産や登録の目的となる株式の贈与がいつあったかについては、一般的にその登記や登録のあった日により判定することになります。 不動産について、贈与契約だけを公正証書で締結してそのまま登記せず、かつ、贈与税を払っていないような場合に。「...
2020年12月04日 相続税申告
財産を子や孫に贈与するときの注意点①
土地・建物、上場株式等の有価証券、現金などを生前に子や孫に贈与することが相続税対策として多く実行されています。 ところが贈与者が亡くなったあとの相続税の税務調査においてその贈与が認められず、相続税の課税対象とされることがあります。 そのようなことにならないよう贈与の注意点をまとめてみました。 贈与者の意思だけで贈与は成立しない 贈与は「ただでものをあげること」というのが私たちの常識です。ところが、...
2020年08月20日 相続税申告
エンディングノートの重要性
大切な人が死ぬことはとてもつらいことです。 しかしながら、残された家族の日常は続いていきます。 相続に強い税理士「澤田匡央税理士事務所」では、残された家族が困らないようエンディングノートを作成することをおすすめしています。 残された家族が困らない情報とは、万が一病気になった時に延命措置といった医療面のこと、動けなくなった時の介護の方法、葬儀について、資産のこと、遺産相続、お墓のこと、さまざまです。...

お問い合わせはこちら

無料相談会実施中 ! 税務のこと
何でもお問合せください!

無料相談・お問い合わせ
  • 家族信託
  • 納税額シミュレーション
  • 遺産相続・相続税の個人相談会
  • 国税庁

0748-36-2817

受付時間 平日9:00~18:00

24時間予約受付中

無料面談・相談